歯の黄ばみの原因とは何か?

 

歯の構造は、歯の表面の美しさを左右するエナメル質、
その下にの象牙質、最下層に歯の神経の歯髄があり、
3層構造でできています。

 

エナメル質は白く透明感があり、象牙質は黄色みがかった色をしています。
そのため、個人差がありますが、歯の色は少し黄色みがかった色をしています。

 

小さい頃から歯の色を気にしてこなかったのに、
最近気になりだしたという方は、歯の沈着汚れの表れからきていると思います。

 

 

 

赤ワイン、紅茶、コーヒーなど色の濃い飲み物による色素沈着、
喫煙によるタバコのヤニが付着する汚れ。

 

普段の生活で思い当たりませんか?

 

すでに歯磨きだけでは落ちない
色素沈着をおこしています。

 

色の濃い飲食のあとは、
口をすすぐだけでも着色を防ぐことに繋がりますので、
出来る範囲で実践してみてください。

 

歯の黄ばみの原因と落とし方

 

また、年齢が上の方は、加齢による黄ばみも。

 

実は、象牙質は年々色が濃くなっていくので、
白い歯が黄ばんで見えてしまうのです。

 

 

この場合は、象牙質をホワイトニングで白くすることは難しいので、
ラミネートなどで隠す、
又は年齢的にもインプラント治療が適していると思われます。

 

 

歯の黒ずみの原因

 

黄ばみ以外では、歯の黒ずみ

 

これは、服用してきた薬が影響している場合がほとんど。

 

小さい頃に抗生剤を長期に渡って服用していませんでしたか?

 

 

こちらの場合も、
表面的な黄ばみとは違いホワイトニングで白くすることは難しく
表面を削って白いラミネートで隠す方法が用いられます。

 

 

 

黄ばみには、歯のクリーニングから

 

まずは、歯科やサロンでも、歯の表面上の汚れを落とすことから始まります。

 

歯の黄ばみの原因と落とし方

 

歯の表面の着色(ステイン)を落とし、
歯垢や歯石を除去することが目的。

 

 

見た目の汚れを取るだけでなく、虫歯や歯周病予防に効果的。

 

 

歯の根本まわりの汚れをしっかり取り除き、
清潔感のある口元から歯の白さは始まるのです。

 

 

このやり方をすれば、その後の歯のホワイトニング効果も高まります。

 

 

歯のクリーニングは、汚れはキレイになりますが、
劇的に白くなることはありません。

 

 

ですが、歯の健康を維持するためにも、
定期的に歯医者やサロンで行うことをおすすめします。

 

 

クリーニングに通うだけでも、
白さが維持サれるのでホワイトニングの回数が減り、
コストや健康面でもいいことづくめ。

 

ホワイトニングされる前にクリーニングを検討されてみては?

 

 

歯科やサロンで初めてホワイトニングをされる場合は、クリーニングがセットになっている場合がほとんどですので、并せてチェックしてみてください。

 

 

 

自己ケアは、失敗のもと。専用のホワイトニング商品から始めよう。

 

ステインを自分で取ろうと、歯の表面を研磨剤の入ったもので強くこすったり、
重曹を使って掃除するなど自己流のケアは、歯のエナメル質をキズつけてしまうだけです。

 

エナメル質は自然治癒できませんので、歯がどんどん削られ薄くなってしまいます。

 

歯科やサロンで行う研磨は、安全な研磨剤用い、
汚れだけをやさしく削っています。

 

歯を削っているわけではありませんので、
真似してエナメル質をゴシゴシこするのは大変危険です。

 

 

自宅でホワイトニングを行う場合は、ホワイトニング専用の商品を使い、
使用上の注意をよく読んで正しく使用しましょう。

 

 

専用のホワイトニング剤は、安全第一に考えられているもので、
歯にやさしく、時間をかけて歯を白くしていくものです。

 

 

その為、一度に白くなるものではありませんが、
数週間過ぎたあたりから効果を感じられるのではないでしょうか。